政治

経済政策の過ち

2019年度の公的年金の支給額を4年ぶりに前年度比0.1%引き上げると発表しました。2019年度の年金の支給額は、自営業者らの国民年金(満額)で月6万5008円(前年度比67円増)、会社員らの厚生年金は、夫婦2人の標準的な世帯で22万1504円(同227円増)となりま…

アベノミクスの功罪 ~その2~

二回目の今回は今後もアベノミクスを続けることによって起こるかもしれない、国自体も揺るがせない事態について考えたいと思います。 アベノミクスがやっているのは国債の大量の間接引き受けです。 つまり、日銀が民間銀行の代わりに国の借金を肩代わりした…

アベノミクスの功罪 ~その1~

デフレ脱却のための物価上昇率2%目標は達成できず、結局、昨年2%の目標時期を未定にした日銀。 日銀の国債の買いオペは2012年度44.9兆円、2013年度88.0兆円、2014年度96.6兆円、2015年度114.9兆円、2016年度115.8兆円、2017年度上半期50兆円とアベノミクスが…

フェアな社会

普段当たり前だと思っていることは本当に当たり前だと思いますか? 例えば、毎月払っている、家賃。 元々、マンションや家を持っている人がマンションや家を持っていない人や持てない人に貸し出すことで、さらにお金を増やす手法です。 これは、頑張ったから…

ベーシックインカム

毎月、お金が貰えたら良いと思いませんか? 実はその政策はベーシックインカムという政策で既に考えられています。 ベーシックインカムとは、basic(基本的)income(収入)つまり政府が性別、年齢、所得に関わらず無条件で、すべての国民に生きるのに必要な…

国家予算の仕組みと税金の意義

2019年度国家予算案は一般会計の歳出総額が約101兆456億円で、過去最大だった2018年度の当初予算の97.7兆円を4兆円近く上回りました。 税収は約3兆4200億円増の約62.5兆円。 その他収入は預金保険機構の資金繰り入れなどで6.3兆円前後と約1兆3600億円増え、…

国家経営の本質

日本が世界一のお金持ち国でアメリカが世界一の借金大国だということはご存知でしょうか? お金持ち感がなく毎日、必死に真面目に働いている日本人は実は、もう、30年以上の間、世界一の対外純資産国なのです。 現在、日本の対外純資産は、約350兆円。 この…